×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

魔女の瞳

磐梯吾妻スカイラインを登っていくと、浄土平があり、そこから山を登って見えるところが、この魔女の瞳です。
五色沼を一望できる景色は圧巻!しばらくその場に立ち尽くすほどです。今回はこの魔女の瞳を撮影しに行ってきました。


浄土平ビジターセンター
浄土平の脇に、ビジターセンターがあります。ここの案内の人に、魔女の瞳への道のりを教えていただきました。パンフレットを見ると、そんなに遠いってほどでもなく、ただ、山はとおり雨が頻繁に降るので、カッパは必要らしいです。

一切経山
こちらが一切経山です。高さはそんなにないんですが、岩山なので、とても滑りやすく、登りづらい道のりでした。スニーカーで気軽に行ったからかもしれませんが・・・。



これが登山途中の風景です。下が岩だらけなので、なだらかなんですが、とても登りづらく、転びやすいです。なので、半そで半ズボンはちょっときついかなぁ〜。夏の暑い日だったので、僕は半そでで行ってしまいました。

こうしてみるとなんか近くに山頂があるような気がしますね。でもやっぱり遠かったです。山頂までは約1時間ほどで着きます。



中腹まで登ると、左側に広大な山と湖が見えてきます。こうした景色をしばらく眺めて休憩しながら行くと、疲れもそれほどではないです。

この日は本当に晴れていたので、遠くまで景色を見ることができ、魔女の瞳だけじゃなく、色々な景色を見ることができるのが楽しいですね。

しかし、こちらの山は風当たりが強く、真夏日でも風邪を引くかと思うくらい寒かったので、皆さん、リュックに余裕があれば、長袖、上着などを入れていったほうがいいです。

それと、非常に喉が渇きます。絶対にドリンクは持っていってください。







山頂に行くまでには色々な場所があり、写真を撮るのにも、眺めるのにもとてもいい道のりです。振り返ると、吾妻小富士が目の前に広がっていて、おおーっていう声を必ず発します。右上の写真は、登山中腹で右手にある噴火口です。写真だとわかりませんが、かなり大きいですよ。
 





ついに来ましたー。山頂です。うれしくて思わず三角点を撮影しちゃいました。ここは結構風が強いので、長くいると寒くなります。是非長袖のシャツと上着を持参してください。しばらくここに居たくなるくらいの達成感を味わうこと間違いなしです。

気づいてみれば標高が1948mもあるんですね。結構高いです。それだけに周りを思う存分見渡せるので晴れ晴れした気分になります。
是非、皆さんもこの三角点を撮影してみてください。




素晴らしい眺め!「魔女の瞳」






帰り道は登るときよりもはるかに早く着くんですよね〜、転びながら、滑りながら下る中、あと5分でビジターセンターに着くところで、土砂降りに遭いました。。

ものすごく惜しかったです。おかげでズブヌレになってしまいました。トホホ・・。でもその後、写真のように、綺麗な虹がなんと二重に!滅多に見ることができないらしくて、ビジターセンターの人も写真を撮っていました。

僕も負けずにパシリと一枚。こんな綺麗な虹を見た日は何かいいことありそうですよね♪

みなさんも、魔女の瞳に会いに行きませんか?カップルでもひとりでも、楽しめること請け合いです^^

少し、準備が必要ですが、きっと楽しい登山になりますよ^^

 



HOME